蛭子能収のゆるゆる人生相談「説教癖がある夫、どうすべき?」
画像を見る

大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収(72)が、読者からの相談に答える!

 

【Q】「説教癖が出てきた夫。先日、料理がマズかったことから『若いときから……』と過去をほじくり返してネチネチ。うんざりした顔をするとキレだします。どうすればいい?」(ポコポコリンさん・52・自営業・岐阜県)

 

【A】「でかい態度をとりたがる人は、自分に自信のないかわいそうな人」(蛭子能収)

 

面倒くさいですね。話半分にして聞き流すか、離婚する覚悟で「うるさい!」と言い返してみたらどうですか。

 

オレにも以前、心当たりがあって、あるテレビ局のプロデューサーは、収録が終わると、オレが酒を飲めないことを知っているのに「おい親父、行くぞ」と銀座によく連れ出されました。

 

そういえば、このプロデューサーは最初「蛭子先生!」とオレを呼んでいましたが、次第に「蛭子さん!」から「蛭子!」、最後には「おい親父!」と呼ぶようになっていました。わかりやすい人ですね。

 

銀座のホステスの前で「おい親父!」と収録中のミスを持ち出して説教し始めます。仕事だから我慢していましたが、この人は単に女のコの前でふんぞり返りたいだけ。自信がないから、立場の弱い人の前で態度をでかくしたいだけでした。かわいそうな人ですよ。

 

オレも競艇で負け続けて自信を失っているときは、マネージャーに負けた理由を延々と語ります。相手がうんざりした顔をしていても、ちっとも気がつきません。

 

「女性自身」2020年4月28日号 掲載

関連カテゴリー: