一昨年の東日本大震災、昨年の大竜巻の発生を予言したのに続き、2月15日のロシアに落下した隕石のこともブログに書いていた松原照子さん(本業は経営コンサルタント)。今、彼女の脳裏にはどんな光景が映っているのだろうか? 今回本誌に、気になる項目を教えてくれた。

 

「北朝鮮は次も核実験と、ミサイル実験もするでしょう。一般市民は生活に困っているのに、実験資金には困っていません。支援を得たいための手段とは思えなくなりました。強気な行動の裏には強大なバックがあるからとしか思えません。”世界的に有名な団体”から大金が北朝鮮に流れた、そんな思いがします」

 

北朝鮮のターゲットはアメリカではなく、巨大化した中国なのかも……と松原さんは言う。また、日本は完璧にターゲットにされているとも。しかし、’15年までに北朝鮮は崩壊するだろうと感じているという。

 

「今回、北朝鮮の核のターゲットになり、中国は慌てて核実験に反対しはじめました。現在、問題となっている大気汚染は今後も大変なことになります。中国は一日も早く排出ガスの規制を強化しないと、ますます公害汚染が広がり、日本も大変な思いを味わうでしょう。新種のウイルスが誕生するかもしれません」

 

気になる尖閣諸島問題は?

 

「すでに1千隻の船が、いつでもスタンバイOKしている絵が見えています。日本は何も対応できないでしょう。アメリカは、中国にこれ以上の動きをさせないために、日本の味方を始めています」