「’15年は、いろいろな種類のパンがはやると思います。中でもおすすめが、コッペパンなんです!」

 

そう話すのは「もえあず」こと、もえのあずき。『元祖!大食い王決定戦』(テレビ東京系)などに出場し、かわいいルックスからは想像できない爆食ぶりを披露している。ふだんはアイドルグループ「バクステ外神田一丁目」のメンバーを務める、現役のアイドルでもある。

 

そんなもえあずが’15年に推すのは、「パン」だという。彼女が推薦してくれたのは、東京・上野にある「イアコッペ」のコッペパン。店名からもわかるように、コッペパンの専門店だ。

 

「このパンとの最初の出会いは、’14年の6月ごろ。ファンの方が、差し入れに持ってきてくださったんです。私、名前が『あずき』なので、あんこの入ったものをいただくことが多いんですよね。なのでそのときも、あんバターのコッペパンをいただきました」

 

もともとこのお店は、上野に近い西日暮里で営業しているパン屋さんが2号店としてオープンしたもの。コッペパンは、西日暮里のお店で焼かれたオリジナルで、酵母も自家製のものを使用している。

 

さらに、あんバターや焼きそば、ステーキ、ティラミスなどといった具に合わせて、全粒粉、ココア入りなど4種類のパンを用意。ガッツリ系からスイーツ系まで、女のコを飽きさせない心憎い工夫が。

 

「パンは水分が少ないので、おなかの中で膨らむんです。だから、2キロくらい食べると、もういっぱいいっぱい。普通の食べものだと、5キロは余裕でいけるんですけど。でも、ここのパンは、お惣菜とデザート系、両方あるので、いくらでもいけちゃいます!」

関連タグ: