image

 

年末恒例の「2016 ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が12月1日発表され、「神ってる」が年間大賞に選ばれた。

 

受賞者は、1991年以来25年ぶり7度目のリーグ優勝を決めた、広島東洋カープ緒方孝市監督と、神がかった活躍を見せた、鈴木誠也選手。交流戦での鈴木選手のミラクルな活躍に対し、緒方監督が「神ってる」と表現したのが事の始まり。マジック点灯時には、唐辛子をモチーフにした“真っ赤激”ユニフォーム」もお目見えし、まさに、今年の躍動するカープを象徴する言葉となった。

 

ほか、トップ10には、「聖地巡礼」「トランプ現象」「マイナス金利」「ゲス不倫」「保育園落ちた日本死ね」「盛り土」「ポケモンGO」「(僕の)アモーレ」「PPAP」が選出された。