image

 

明治27年、鎌倉に誕生した老舗和菓子店「豊島屋」。初代が考案した「鳩サブレー」のバターたっぷりのサックリ食感は人々の味覚にまさにドンズバ、関東一円で長年愛され続けてきた超ロングセラー。「つか、ほかにも豊島屋、イイのあるじゃん。本店でしか買えない“鳩これくしょん”と、駅前の扉店でしか売ってない“焼きたてパン”」とは、地元鎌倉住民の弁……知ってた?

 

鳩サブレーと同じ鳩柄のクリップやセロテープ、ふせんをはじめ、ティッシュケースや消しゴムなど約20アイテムがそろう“鳩これくしょん”。どれも遊び心をくすぐるキュートさが魅力。焼きたてパンは扉店リニューアルを機に販売スタート。クロワッサンには鳩サブレーと同じバターを使い、キューブあんパンには和菓子店ならではの餡と求肥を仕込むなど豊島屋らしいパンも狙い目じゃーん。

 

そのまた近隣、葉山で“ビーサンを販売して60余年”というのがビーチサンダル専門店げんべい。そのビーサン、こだわりははき心地と、サイズ&カラーリング。日本人の足形に合わせ、長く歩いても疲れにくいようにかかとが高く、つま先が低い台を採用。鼻緒も痛くなりにくい工夫が施されている。台は10色、鼻緒も10色、サイズは12種類。自由にカスタマイズできて高品質な、国産メーカーならではのこれまた愛され続ける逸品なのだ。

関連タグ: