人生100年時代を自分らしく生きるための手段として「再キャリア(セカンドキャリア)」を選択する人が増えています。子育て中の経験を生かして、再キャリアで成功した人々も多数。ますはしっかりと子どもと向き合うことが、“新しい私”へとつながっていくようです。

 

フォロワー10万人超。等身大で飾らない日々のお弁当が人気のインスタグラマー・おがわひろこさん(42)。おがわさんは高校卒業から24歳まで、地元大分で事務職のOL(正社員)をしていたという。

 

「結婚を機に、専業主婦になりました。今は高3、高1、小5の子どもがいて、高校生2人と夫の3人分のお弁当を毎日作っています」

 

’09年に友人の勧めでブログを開始。作った料理を掲載し続けると、最初は1日10人程度だった閲覧者数がすぐに100人超に。

 

「結婚後はずっと家で子どもといたので、ブログを始めるとすぐ夢中に。人とつながっていることがうれしくて、コメントにはすぐに返信するなど、パソコンにベッタリ状態。夫に『いい加減にしろ』と怒られましたが、逆にやる気にスイッチが入りました。『すごいって言わせてみせる』って(笑)」

 

3年ほど前にインスタを始めると、有名雑誌から取材が来たり、本も出版することになったりと、オファーが引きも切らない。

 

「今では夫も『こんなの作ってみたら?』とアドバイスまでくれるように。結婚するまで料理本を見なきゃ肉じゃがも作れなかったレベルの私が、時を経て、まさか自分が本を出すまでになるとは、本当にビックリです。人生ってわからないですね(笑)」

 

簡単かつ時短でできるシンプルな朝ごはんやお弁当レシピをインスタで更新中のおがわさん。

 

「私はずっと『○○ちゃんのママ』のままではいたくないと思っていました。誰もが知る有名人になりたいのではなく、ネット上でも自分の居場所がある、自分を知ってもらえていることで安心でき、日々のお弁当作りの活力にもなっています」