飲酒で「戦争」発言の丸山議員 3年前にしていた“禁酒宣言”

失言の余波はますます広まるばかりだ。

 

5月11日に、北方四島ビザなし交流の訪問団の一員として国後島を訪れた丸山穂高衆院議員(35)。その懇親会で元島民の訪問団長に対し、「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか? 反対ですか?」と質問。さらに「戦争はすべきではない」と答えた団長に対し、「戦争しないとどうしようもなくないですか?」と返答していた。

 

13日にこの発言が明らかになるとすぐさま大問題に。丸山氏は謝罪しつつ、「酒に酔って騒いだこと」と弁明するも国内外から批判が殺到。菅義偉官房長官(70)は「誠に遺憾、政府の立場と全く異なる」と不快感を露わに。14日には所属する日本維新の会に離党届を提出するも、受理されず除名処分を言い渡された。

 

実は丸山氏、過去にもお酒絡みのトラブルを起こしていた。

 

15年末に東京都・大田区の路上で飲酒後に一般人ともみ合いになった末に、丸山氏は相手男性の手に噛みつくなどし警察沙汰に。その件について所属政党より厳重注意を受けた後に、Twitterでこんな発言をしていたのだ。

 

「丸山穂高です。先日の不始末について猛省と自重の決意として自主的に、禁酒宣誓書を今井幹事長へ提出してまいりました。あらゆるトラブルを予防するため、今後の議員在職中において公私一切酒を口に致しません。32にもなって汗顔の至りでございますが、未だ至らぬ自らを刻苦精励してまいります」(16年1月13日)

 

今回の事件に伴って、この投稿には再び《あまりにも言葉が軽すぎる…》《本当に反省していましたか?》といった厳しい言葉が投げかけられている。

 

除名処分を受け、14日にTwitterで《虚心坦懐にその処分を受けとめるとともに、これより先の期間は無所属にて活動する中で、残りの政策の実現に向けて一つ一つ前に進めてまいります》と綴っていた丸山氏。

 

果たして破られた“3年前の禁酒宣言”にどう決着をつけるのか。今後さらなる注目が集まることだろう――。

関連カテゴリー: