愛子さま笑顔にするイケメン長身男子 東出昌大似で偏差値74

ご静養のために8月19~28日の間、栃木県の那須御用邸に滞在された天皇ご一家。8月26日には「那須どうぶつ王国」に足を運ばれた。

 

あいにく小雨混じりの空模様だったが、愛子さまのお友だち5人とその保護者が合流して、動物たちとの触れ合いを楽しまれたのだ。

 

5人のご友人のうち4人は普通の背丈の女子。しかし、グループのなかにひときわ目立つ長身の男子が1人いた。がっしりとした体格で身長は185cm近くありそうだ。この時期には毎年のように那須を訪れるという雅子さまファンの女性はこう語る。

 

「愛子さまが小学生でいらした10年ほど前から、那須で合流される“ご学友”はずっと同じメンバーです。そのなかに愛子さまのお気に入りの男の子がいて、『ドラえもん』の“のび太”に似た優しい顔立ちが印象的でした。今年来ていたのも、その彼です。今ではすっかり背も高くなって、俳優の東出昌大に似た感じのイケメンになりましたね」

 

実は本誌も’10年と’11年に、愛子さまとAくんの仲むつまじい姿をキャッチしていた。当時を知る本誌皇室担当記者が振り返る。

 

「愛子さまは小学3年生だった’10年の夏、陛下や雅子さまと那須の茶臼岳を登山されているのですが、Aくんと彼のお母さんやお姉さんも同行していたのです。Aくんは愛子さまのすぐ後ろについて、愛子さまがよろけるとすぐに支えてあげていました。無事に登頂されて、みなさんご一緒に下山されたのですが、登山口から駐車場に向かう道では愛子さまがしっかりとAくんの手を握られていたのです」

 

その3日後、愛子さまとAくんの姿は「りんどう湖ファミリー牧場」にあった。目撃した女性は本誌にこう語っていた。

 

「愛子さまと男の子(Aくん)はボートに乗るときも、メリーゴーラウンドでも隣同士でした。愛子さまから積極的に男の子に話しかけられているように見えました。手をつなぎ、腕を組み、ハグされるシーンもありました」

 

翌’11年には、今年と同じ「那須どうぶつ王国」の「バードパフォーマンスショー」でもそんな“アツアツ”ぶりを見ることができた。皇室担当記者が明かす。

 

「司会者が参加希望の子を募ると、Aくんが愛子さまの手を取って挙げさせようとしました。すると今度は“お返し”とばかりに愛子さまがAくんの手を挙げさせようとして……。まるで恋人同士がふざけ合っているように見えました」

 

愛子さまはそのころ、乱暴な男子児童に対する恐怖心からの“不登校問題”が取りざたされている時期だった。ご静養の際にもほとんど笑顔を見せることがなくなっていた愛子さまだったが、Aくんと一緒のときには満面の笑みが戻っていたのだ。

 

「天皇ご一家とAくん一家は、家族ぐるみのお付き合いなのです。那須に来るメンバーのなかで男子はAくん1人。しかも彼は中等部から外部受験し、いまは学習院の生徒でさえありません。それでもご静養先に招かれるのですから、愛子さまとAくんにはよほど強い絆があるのでしょう。雅子さまも“公認の仲”と言っても過言ではありません」

 

そう語るのは学習院関係者。さらに、Aくんが進学した名門私立高校は都内でも屈指の難関校だと話す。

 

「大手学習塾の算出した偏差値は74ですから、Aくんはかなりの秀才。愛子さまとは、歴史が好きという共通点もあります。また、彼は水泳やマリンスポーツにも打ち込んだ経験があるスポーツマンという一面も。まさに文武両道の好青年です」

 

さすがに今年の那須では、高校3年生となった2人が小学生のときのような“スキンシップ”を人前でとることはなかった。しかし、ときおり愛子さまと視線が合うと、Aくんがうれしそうに笑顔を送り、愛子さまもやさしい笑みをお返しになっていた。

 

一歩一歩、大人への階段をのぼられている愛子さま。那須での「ときめきの夏」もきっと、大切な思い出となることだろう――。

関連カテゴリー: