日韓関係難航も…20代女性中心に「それでも韓国旅行」の理由

悪化し続ける日韓関係。しかし、20代の若年層を中心に「韓国に行きたい!」という日本人は増え続けている。現地には、政治問題を超えた“魅力”があるのだという。

 

《韓国国内で高まる“反日の機運”、『NO JAPAN』『NO ABE』の張り紙も――》

 

韓国の元徴用工らに対する日本企業の損害賠償問題を契機に、こじれ続ける日韓の両国。韓国は9月17日、輸出管理の優遇措置を適用する「ホワイト国」から日本を除外する計画を承認。日本はすでに8月時点で韓国を「ホワイト国」から除外しており、両国間の問題は“泥沼化”しつつあるが――。

 

「ニュースでは日韓の政治的な問題が多く報じられていますが、じつは、日本国内で『韓国ツアーへの申し込みが減っている』ということはないんです」

 

そう語るのは、渡韓専門の旅行代理店「三進トラベルサービス」の広報担当者。観光庁によると、今年8月、韓国から日本を訪れた旅行者は、前年同月と比べて48%減少した。しかし、日本から韓国へ旅行に行く人は増えているのだという。

 

韓国観光公社の資料により作成した「日本人の韓国入国者数」のグラフを見てみると、今年7月に韓国を訪れた日本人は27万4,830人。これは、前年の同月と比べて19.2%の増加。うち女性は64%、世代別で見ると最も多いのは21~30歳で、27%という結果だった。

 

「9月14日、15日に朝日新聞は、韓国への好悪について全国的に世論調査を行いました。18~29歳の調査対象のうち『韓国が好き』と答えた人数は、『嫌い』と答えた人数を10%上回った。現在、韓国が発信する文化は10代、20代の学生に好まれており、彼らが旅行客の中心層になっているようです」(社会部記者)

 

なぜ、若い層を中心に、韓国旅行者は増え続けているのだろうか? 韓国在住の日本人ライターは、こう分析する。

 

「日本人観光客のお目当ては、カフェ巡りと“美容大国”ならではの韓国コスメでしょう。“インスタ映え”を狙ったオシャレな内装のカフェは韓国国内で続々と登場し、それまで韓国旅行に興味がなかった女性も、足を運ぶようになりました。また、ソウル市内にある『OLIVE YOUNG』という国内最大のビューティショップには、必ずといっていいほど日本人旅行客がいます。現在、韓国コスメは日本からオンラインでも買えますが、送料を考えると現地で購入したほうが安い場合がほとんどです」

 

9月上旬、韓国に足を運んだ24歳のOLは、旅行の動機についてこう話す。

 

「ネットで見つけた、安くてかわいい韓国コスメを、現地で試してから買いたくて……。とくに最近は“ウォン安”なので、『行くなら今がチャンス』と思い、旅行を決めました」

 

9月19日現在のレートは1ウォン=約0.09円(三井住友銀行調べ)。昨年9月時点での1ウォン=約0.102円と比べ、ゆるやかにウォンが安くなっているのも、渡韓の背景になっているようだ。

関連カテゴリー:
関連タグ: