小室さん母支える男 左手には指輪【上半期ベストスクープ】
昨年12月20日、自宅から出てくる佳代さん。 画像を見る

オリンピック延期、初の緊急事態宣言など、コロナ禍によってかつてない激動の日々となった2020年上半期。そんななか、芸能界でも数々の“事件”が起こっていた。本誌が目撃した驚きのスクープから特に反響の大きかったものを今一度お届けする。

 

日本中を驚愕させた眞子さまと小室圭さんの結婚延期発表から2年。その後、小室さんはアメリカへ留学に行き、騒動について無言を貫いている。いっぽう、発端とされる金銭トラブルの当事者である小室さんの母・佳代さんはクリスマスイブにおめかしをして……(以下、2020年1月28日号掲載記事)

 

秋篠宮家の長女・眞子さまの結婚延期が発表されてから、今年2月で丸2年となる。

 

小室圭さんはニューヨークで留学生活を続けている。一方、小室さんの母・佳代さんは、結婚延期の発端となった金銭トラブルの当事者だが、何らかの説明をするどころか、その所在さえ不明となっている。

 

“消えた母”佳代さんの姿を本誌がキャッチしたのは、昨年12月20日の午前5時ごろのことだった。小室さん母子の自宅マンションのエントランスに佳代さんが現れたのだ。

 

周囲を深い闇が包む中、マンションの前には佳代さんが呼んだタクシーが止まっていた。本誌が取材を申し込もうとすると、佳代さんはストールで顔を覆い、マンションへと引き返していった。

 

佳代さんの左手薬指には、ピンクのダイヤモンドのような宝石が入った、真新しい指輪が光っていた。過去の佳代さんの写真を見返しても、左手薬指に指輪をしているものはない。おそらく亡くなった夫・敏勝さんから贈られた指輪ではないだろう。

 

いったい、この指輪は誰から贈られたものなのか――。

 

謎はもう一つある。佳代さんは現在、どのように生計を立てているのかという点だ。X氏と婚約していたころから、佳代さんは都内の洋菓子店で働いていた。一時、休んでいた時期もあったが、’18年夏ごろまでは出勤する姿が確認されている。

 

次ページ >クリスマスイヴに佳代さんが向かった先は

関連カテゴリー: