「あの子は愛されている」横田滋さんが本誌に語っていた親心
(写真:アフロ) 画像を見る

横田めぐみさんの父・横田滋さんが6月5日に亡くなったと発表された。87歳だった。拉致被害に遭っためぐみさんのために、人生を賭けて奔走した滋さん。その訃報を悲しむ声が上がっている。

 

各メディアによると、妻・早紀江さんは「北朝鮮に拉致されためぐみを取り戻すために、主人と二人で頑張ってきましたが、主人はめぐみに会えることなく力尽き、今は気持ちの整理がつかない状態です」とコメントしたという。

 

拉致被害者家族会の初代代表を務めるなど、救出運動の象徴的存在だった滋さん。ネットでは、その死を悼む声が上がっている。

 

《我が子を50年近く見つけるために探していた滋さんを思うと本当に無念でなりません。ご冥福をお祈り致します》
《羽田空港での再会シーンを自分も見れることを祈っていましたが残念です。国は全力で解決も向けて取り組んでほしいと思います》

 

12年10月、滋さんは早紀江さんとともに本誌の取材に応じてくれていた。02年10月に蓮池薫さん夫妻など拉致被害者5名が帰国したことについて、こう心境を明かしている。

 

「めぐみは飛行機に乗っていないと、わかっているんですけど、何か急に事情が変わって、もしやと思ったり……」

 

めぐみさんは77年11月、13歳で失踪。そして97年に亡命した元工作員の証言により拉致されたことがわかった。以降、滋さんは拉致問題の解決を願う講演を繰り返してきた。12年当時で、その数1,300回以上。署名の数も1,000万人近くに及んでいた。

 

次ページ >「たくさんの方にあの子は愛されている」

関連カテゴリー: