杉田水脈議員「嘘をつく」は口癖だった 講演でも定番スピーチ
9月30日、自民党本部に呼び出された杉田議員(写真:時事通信) 画像を見る

《嘘をつくのは性別に限らないことなのに、ご指摘の発言で女性のみが嘘をつくかのような印象を与えご不快な思いをさせてしまった方にはお詫び申し上げます》

 

10月1日に自身のブログでこう謝罪した、自民党の杉田水脈衆院議員(53)。9月25日、自民党の内閣第一部会などの合同会議で性暴力被害者の相談事業を巡り「女性はいくらでも嘘をつけますから」と発言してから約1週間後のことだった。

 

「会議後、彼女の発言がメディアで報じられると、当初、記者団に『そんなことは言っていない』と、自身の発言を否定し続けました。9月30日に、下村政調会長が彼女を党本部に呼び出し事情聴取。『真意が伝わる説明をするよう』注意を受け、翌日に自分こそが“嘘をついていた”ことをブログで認めたのです」(全国紙記者)

 

しかし、杉田議員への厳しい批判と怒りの声が殺到している。

 

「性暴力に抗議する『フラワーデモ』の主催者は発言の撤回と謝罪、議員辞職を求めるウェブ署名を募り、10月1日時点で賛同者は12万人を突破。特に女性からの反発が大きいです」(前出・全国紙記者)

 

杉田議員といえば、これまでもお騒がせな言動を繰り返してきた。

 

「’18年7月、月刊誌『新潮45』に性的少数者のカップルは『生産性がない』と寄稿し、同誌は休刊を余儀なくされました。今年1月にも、選択的夫婦別姓導入に反対し『だったら結婚しなくていい』とやじを飛ばしたとされています」(前出・全国紙記者)

 

杉田議員の“放言連発”について、政治評論家の有馬晴海さんはこう語る。

 

次ページ >安倍前首相は“気ままな人”ぶりを評価

関連カテゴリー: