両陛下にIOCから“接待要求”の可能性も…五輪前に深まる苦悩
(C)JMPA 画像を見る

「科学技術の英知を傾け、人々の絆を強め、連帯を深めることで、人類はこの未曽有の困難を乗り越えることができると信じています」   天皇陛下は6月25日、オンライン開催された国連の「水と災害に関する特別会合」で、出席者たちにそう語りかけられた。26分にわたる講演で、震災の記憶やコロナ禍の教訓を後世に伝える意義などを訴えられたのだ。   ...

出典元:

「女性自身」2021年7月20日号

【関連画像】

関連カテゴリー: