従業員が“階段で荷物運び”で非難殺到のホテル語る真相「ブラック企業ではない」
画像を見る

人気ドキュメンタリー番組『ガイアの夜明け』(テレビ東京系)で8月13日、奈良県にある超高級ホテル『登大路ホテル奈良』の“スタッフ教育”の様子が放映された。

 

極上のおもてなしが評価され、ミシュランガイドに6年連続で掲載されたこともあるという同ホテル。しかし番組では、ANAから出向してきた新人の女性スタッフがエレベーターに乗らず、階段でスーツケースを運ぶ姿があった。

 

エレベーターにはお客のほかに先輩スタッフも乗車していたが、それでもまだ乗員に余裕があるようにも見えた。そのため、ネットではこんな非難が相次ぐことに。

 

《何故わざわざ階段で運ばせる必要があるのか》
《新人だから階段で運ばせて先輩だからエレベーターって》
《スタッフを下げることがお客様を持ち上げるってことじゃない》

 

また番組では、ホテルのマネージャーが「おかしかったら『おかしい』と言います。できていたら黙っています。褒めませんので」と同スタッフに告げるシーンも。そのため《スタッフに対してブラックすぎ》《平気でパワハラするブラック企業》との声も上がっている。

 

その“裏側”が、思わぬ形で話題を呼ぶこととなった『登大路ホテル奈良』。そこで本誌は“階段で荷物運び”の真意をホテルに尋ねた。

 

ーーなぜスタッフの方はエレベーターに乗らず、荷物を階段で運ぶことになったのでしょうか

 

「スタッフは通常、エレベーターにお客様と同乗の上、荷物を持って部屋までご案内致しております。 このシーンが撮影されたのは今年4月初旬です。弊ホテルは14室のホテルであり、エレベーターも小型の1基のみとなりますため、コロナ禍対応の一つとして『エレベーターでは密を避ける事』と社内通達し、お荷物の重さや状態、またお客様のその時の状況等に応じて、スタッフが臨機応変に判断対応していました」

 

次ページ >「当ホテルは、ブラック企業ではないと考えております」

出典元:

WEB女性自身

【関連画像】

関連カテゴリー: