image

 

「20代前半からスペインに単身で飛び込み、フラメンコを勉強したりしましたが、日本の外側にいると、より日本のことを知りたくなりました」

 

そう語るのは、現在はスペインの文化特使も務め、フラメンコでは一目おかれる存在の今井翼(35)。3月6日からの山田洋次監督・脚本による『音楽劇マリウス』では、主役・マリウス役に抜擢。フランスでは「寅さん」シリーズのように愛されている作品で、山田監督が学生のころから、「いつか舞台にしたい」と夢見ていた作品だ。

 

「夢のようでとてもうれしかったです。4年前に初めて監督とお仕事をさせていただき、役者としての面白さ、深さを教えていただきました。その後はお会いするたびに、『どんな役でもいいので、また監督の作品に出させてください』とお願いしていました。僕の心の中でも、生霊のようにその思いを念じ続けていました(笑)」

 

『音楽劇マリウス』では、フランス・マルセイユで陽気にのんびりと生きている市井の人々と若者の抱く葛藤、港町の風情がコメディタッチで描かれている。願いがかなった今、ハードな稽古が続く毎日を送っているが、日々、幸せを感じているという。

 

「監督の厳しくも温かい指導を受け、毎日生まれ変わっているような気持ちです。日本人の心にすっと入ってきて、心地よくて深い余韻を残してくれるような作品になっています。お稽古をしながら、僕は3つの目標をつくりました。1つはこの舞台で男として、役者としてひと皮むけること。そして気が早いのですが、この作品の再演。3つ目は、山田監督の映画に出演することです」

関連タグ: