女装家でタレントのミッツ・マングローブ(35)が8日、東京・松屋銀座で行われた『Barbie&Ken 50th Anniversary バービー展』のオープニングイベントに登場した。同展は、59年にニューヨークのトイフェアでデビューした約10億体発売されている世界一有名なファッションドール・バービーの展覧会。初公開のバービーをはじめ、ヴィンテージ期(1959~66年)の『ナンバー1・バービー』などの初期バービーや、モッズ期(1967~76年)に“ナチュラルで若々しく”フルモデルチェンジしたバービー、スーパースター期(1977~)に再度フルモデルチェンジしたディスコファッションのバービー、ディオール、アルマーニ、ケイト・スペードら著名デザイナーとコラボしたものなど約300点を展示する。お気に入りのバービーと同じコスプレで登場したミッツは、「あまり鏡は見たくないです。顔が全然違って幻滅しちゃうから」と話すも、「でも自己満足だからいいんです。自分の中では100点ですよ」と満足げに話した。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: