23日、東京・丸の内TOEI1で、映画『相棒―劇場Ⅱ―警視庁占拠!特命係の一番長い夜』の初日舞台挨拶が行われ、出演者の水谷豊(58)、及川光博(41)、小西真奈美(32)、小澤征悦(36)、宇津井健(79)ら豪華キャストが登壇した。同作は、警視庁の窓際部署『特命係』に配属されたキャリア警部・杉下右京(水谷)が、自身の天才的頭脳を駆使して推理し、相棒とともに難事件を解決していく人気シリーズが放送開始10周年に突入。劇場版では、12人の警視庁幹部を人質にした『警視庁始まって以来の篭城事件』が勃発したことから更なる事件が描かれる。水谷は、「皆さんようこそ、相棒ワールドへ。杉下右京です」と切り出し、「23日は私たちにとって記念すべき日となりました。心待ちにしていたのですが、いざ迎えますと言葉のない世界に行ってしまいます」と話した。水谷の相棒を務める及川は「皆さん、今年はどんな一年でしたか?僕はずっと神戸尊でした。今年を漢字一字で表すとしたら、『尊』!」と、笑いを誘った。小西は「初めて水谷さんと及川さんにお会いした時に『ようこそ相棒へ』と言って手をさしのべてくださったことを覚えています。初日を迎えて、私もようやく観客の皆さんへ『ようこそ相棒へ』と言えます」と笑顔を見せた。(撮影:鈴木高宇)

関連タグ: