12月15日に小説『KAGEROU』を発売し、100万部の大ベストセラーを記録した水嶋ヒロ(26)。支え続けてくれた妻・絢香(23)へ、水嶋はある“恩返し”を考えていることが分かった。

知人によると、水嶋は「印税が入ったら、絢香に海外旅行をプレゼントしたい」と語っていたという。場所は相談中だが、絢香は「本場・アメリカのディズニーランドを見に行きたいな」と漏らしていたようだ。

10月3日にはバリ島で極秘挙式をしていたことが報じられた水嶋。それがよほどいい思い出になったのか、“処女作ヒットのお祝い”も海外旅行で決めたようだ。

文芸編集者によると、現時点も印税は1億円に上るという。最高の形でスタートを切った夫婦の今を独占スクープ!