12月27日、亡き妻の骨壷が入った箱を寺の関係者に慎重に手渡した松平健(57)。長男(4)の手をつないだまま、ゆっくりと墓地へと歩いていった――。

この日開かれていたのは、妻・松本友里さん(享年42)の納骨式だった。昨年11月に友里さんが自ら命を絶ってから39日、都内の自宅で愛妻のお骨と過ごした日々に、ピリオドが打たれたことになる。

長男はまだ母の死を実感しきれていないのだろうか、式では笑顔を見せることのほうが多かったという。そんな長男を、松平は静かに抱きかかえていた。その目に、葬儀の際に見せた涙はもうなかった。

式を終えた松平は、じっと遠くを見つめていた。幼くして母と死別した長男に決して寂しい思いはさせない。妻の墓前で誓った再出発までを本誌で公開!

関連タグ: