2月19日、瑛太(28)の父で、16日に自宅マンションで首を吊って死亡した永山博文さん(享年55)の葬儀が都内の斎場で営まれた。訃報を瑛太が知ったのは17日。山形県でのロケ中で電波が届かなかったため、死の翌日に母親から電話で知らされたのだった。

昨年10月には、妻の木村カエラ(26)に長男が生まれたばかり。初孫誕生に喜んでいた博文さんのまさかの訃報に、瑛太は「親父、嘘だと言ってくれ。最悪の嘘であってほしい」と漏らし、その場で泣き崩れるのをかろうじてこらえていたという。

焼肉店「瑛斗弥」を営んでいた博文さん。店名を3人の子供たちの名前から取るなど子煩悩で、中でも瑛太のことを特に気にかけていた。残された遺書には「喪主は瑛太で。迷惑かけてごめんね」とつづられていたという。

18日、山形から仕事を終え慌てて駆けつけた瑛太は憔悴しきった様子で「今晩はずっと付き添ってあげたい」と語っていたという。その横ではカエラに抱かれた4カ月の長男が無邪気に笑っていた……。悲劇のドラマの舞台裏を本誌で追跡取材!

関連タグ: