9日、都内で行われた『DHCダイエットアワード2011』のグランプリ大会が行われた。スペシャルモニターとしてダイエットに挑戦したお笑いコンビのハイキングウォーキングも登場した。昨年8月に結婚した夏子夫人(29)の要望もありダイエットを決意した鈴木Q太郎(36)は、一般出場者と同じくダイエットに励んだ。は、体重82.5kgから約5ヶ月で13.3kgの減量に成功。別人のようであった。堂々のウォーキングを披露し、「前に『アナタが入るサイズのパンツはありません』と言った店にパンツを買いに行きます!」と誇らしげな表情を見せた。女性ファンも増えたといい、「街ゆく年配の方に『Qちゃん素敵!』って言われるようになった」と嬉しそうであった。夏子夫人の対応も変わったそうで、「嫁が大喜びで、スリムになってホレ直してくれたし、優しくなった」と喜びを爆発させた。 また、相方の松田洋昌(34)も3.5kg減量し、イケメンぶりを加速させていた。Q太郎は「ダイエットは決してつらいものではない。本当にストレスも感じずにやせられます。ぜひみなさんやってみてください!」とダイエットお勧めしていた。(撮影:江口明裕)

関連タグ: