5日、都内で、フジテレビ系ドラマ『マルモのおきて』の制作発表会が行われた。発表会には、W主演を務める俳優の阿部サダヲ(40)と子役の芦田愛菜(6)らが出席した。物語は、独身男が、亡き親友が遺した子供、人間の言葉を話す犬とともに家族の絆を育むホームドラマである。阿部は「朝からほんわかしてます。犬とか子どもが一緒で撮影大変でしょうと聞かれるけど、全然そんなことないです」と笑顔でPRし、楽しく撮影しているようである。鈴木福(6)も「阿部さんはアドリブがすごいので、ぼくが台詞を忘れたときとかも阿部さんが助けてくれます」と笑わせた。ゴールデン枠の連ドラ史上最年少主演となる芦田は、自分の掟について「朝、1人で目覚まし時計で起きることと次の日の準備は前の日にしておくことです」と力強く語った。また、芦田は主題歌『マル・マル・モリ・モリ!』でCDデビューすることになっていて、鈴木と振り付けを披露し「みんなで踊ってね」と笑顔で話した。これを見た阿部は「現場で何十回も見てますが、癒やされます」と目尻を下げ絶賛した。(撮影:横山孝行)

関連タグ: