28日に、都内で、映画『プリンセス トヨトミ』の初日舞台挨拶が行われた。舞台挨拶には、堤真一(46)、綾瀬はるか(26)、岡田将生(21)、中井貴一(49)ら出演者が出席した。同作は、東京からやって来た会計検査院調査官と、ある秘密を400年間守り続けてきた大阪の男たちの攻防を軸に、父と子の絆を描いた作品となっている。堤は「熱い、熱い夏の撮影だったのですが、皆さんの前でようやく披露でき、本当に幸せに思っています」と喜びを語った。映画の内容にちなみ、父親についてのエピソードを聞かれた堤は、「立ち飲み屋で日本酒を飲んでる父の横で、僕がウインナーを睨みつけていると、父がそれを買ってくれました。無口な父でした。僕はたぶん母親に似たんだと思います」と笑顔で語った。綾瀬は「お父さんが会社に行くとき、家族全員で送り出すのが恒例だったのですが、ある日、『いってらっしゃーい』と見送ったら、父に車で足を踏まれたんです。すごくはっきり覚えています。でもゆっくりだったので痛くはなかったです」といつものように天然ぶりを発揮し、中井はツボにハマってしまったようで、客席に背を向けて大爆笑していた。(撮影:横山孝行)

関連タグ: