2日、東京・成城の東宝スタジオで、映画『DOG×POLICE』のクランクアップ報告会見が行われた。会見には、主演の市原隼人(24)戸田恵梨香(22)、時任三郎(53)、村上淳(37)、カンニング竹山(40)が出席した。同作は、今まで描かれたことのない警備犬にスポットを当て、担当警察官との絆と活躍を描く物語である。警備犬は、事後の捜査を行う警察犬とは違い、犯罪を未然に防ぐ役目を与えられた警視庁警備局に所属し、災害が起こった際は被災者の捜索・救助活動を行う。撮影が東日本大震災の影響で一時中断になったことに関して市原は「僕自身いろいろ考えることがあった。日本に活力を取り戻すためにも、自分の仕事にプライドをもって、やれることを全うすること。役者はお客さんを楽しませることが第一だなと、何倍もの気持ちが乗っかった。皆さんの心のケアができるように向き合った。その中で犬に救われた」と言葉を噛みしめながら語った。共演したシャーマン・シェパードのシロに関しては「撮影中もシロとばかり、一緒にいました」と言うようにとてもなついていた。(撮影:高田太郎)

関連タグ: