1月22日、東京・日本橋で映画『麒麟の翼~劇場版・新参者~』の凱旋記念イベントが行われた。イベントには俳優の阿部寛(47)、女優の新垣結衣(23)が登場した。

撮影から8カ月ぶりに戻ってきた阿部は「第2の故郷に帰ってきたようでうれしいです」と笑顔で挨拶をした。レッドカーペットを敷いた麒麟像を見た新垣も「映画に出て、この麒麟の像の意味とか改めて知って、それからこの場所というのは、大事な場所で特別な景色になりました。その場所に戻ってこれたのが本当にうれしい」と笑顔で話していた。

撮影には日本橋に暮らしている方も協力していたそうで阿部は「差し入れをいただいたり、本当に心強かった。こうして街のみなさんが見守ってくださったおかげで、素晴らしい作品に仕上がった」と感謝の気持ちを伝えた。

2人は約6年ぶりの共演になるそうで、阿部は「彼女の目線から心をのぞきこむように、1対1の勝負に負けないようにやらないと、と思いました」と語った。これに対して新垣は「幸せだな、と思いました。以前にはできなかったお芝居のやりとりができて嬉しかったし、負けないようにと思ってくれたことも嬉しかったです」と笑顔であった。(撮影:鈴木鍵一)