4月14日、都内で、映画『名探偵コナン 11人目のストライカー』の初日舞台挨拶が行われ、女優の桐谷美玲(22)が出席した。本作は、青山剛昌(48)の人気コミックをアニメ映画化した劇場版第16作。

シリーズ初となるサッカーを題材に、江戸川コナンが得意のサッカーテクニックと推理力を駆使し、全国のサッカースタジアムに仕掛けられた暗号の解読に挑む。この日桐谷は、劇中のスポーツ紙のカメラマン役でアニメ声優初挑戦したことにちなみ、報道陣に混じって取材に参加。壇上のゲストに向けて「目線もらっていいですかぁ?」と呼びかけ、「いい写真が撮れました」とプロ顔負けのカメラマンぶりを発揮していた。

桐谷は作品について「完成した作品を見て、ついに私もコナン君の世界に入っちゃったと感じた。ドキドキしましたね」と話し、「いつも以上にスケールが大きいし、謎解きやキャラクターが魅力的」と見どころをPRした。

また、この日はJリーグの試合が各地で行われていることもあり、日本サッカー界を代表して北澤豪(43)が駆け付けた。作品を観て「勝利のためだけではなく、仲間のためにがんばる、というスポーツの大切さを改めて感じました」と語った。(小山伸正)