5月1日、都内で、BS朝日の連続ドラマ『市長はムコ殿』の制作発表会見が行われ、渡部篤郎(43)、黒谷友香(36)、酒井敏也(52)ら出演者が出席した。

本作は、同局が制作するホームドラマシリーズの第4弾で、肩身の狭い入り婿の主人公が、強引に出馬する羽目になった市長選に当選し、素人ながら奮闘し成長していく姿を描く。

2005年にタレント・RIKACO(46)と離婚している渡部は「こんな家庭ばかりであれば世界中は平和だなと思うような家庭。私が平和じゃないってことではなくて、憧れますよね」と自虐的なコメントで笑いを誘いながらも、作品をアピールしていた。妻役を演じる黒谷も「独身の方は家族がほしいなと思うくらい、楽しい家族のドラマです」とPRし、独身の酒井は「ホントに家族っていいなぁ」としみじみ話していた。

また、ドラマ・映画の主演作は数多くある渡部だが、ホームドラマの主演は今回が初めてといい「役は巡り合わせですので、特に意識していなかった。来週ぐらいで撮り終わってしまいますが、100話くらいやりたい気持ち。俳優としても学ぶことがたくさんあったし。ずっとこの家族でいたい」と名残惜しそうに話していた。(撮影:柴田悟)

関連タグ: