三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE(以下、三代目JSB)が、3月26日、最新シングル『S.A.K.U.R.A.』をリリース。1月に行われたMVの撮影現場を訪問した本誌は、7人の勇姿を激写、密着取材した。

「衣装は、世界的に有名なデザイナーYUIMA NAKAZATO氏によるもので、未来の侍をイメージしています。和の世界観と未来がミックスした空間の中で撮られて、自分でもビックリするほどカッコいい映像になりました」(登坂広臣・27)

 映画のような壮大なスケールのセットは、桜の間、はためく布、橋の上など7人それぞれの戦いの場が設けられ、その規模「グループ史上最大」と、メンバーは口をそろえる。

「現代版の戦国時代といった設定で、僕ら7人が、伝説の樹“武士桜”を守るべく、悪と戦う姿が描かれています。ゲームのキャラクターになったような気分(笑)」(岩田剛典・25)

 厳しい寒さの中、準備も含めて4日間かけて行われた撮影は、早朝から夜中まで。深夜の雨のシーンで全身、濡れそぼつメンバーも。でも、カメラを向ければ笑顔を向け、「遠くまで取材に来ていただいてスミマセン」と温かい言葉をかけてくれる。

「自分たちの新しい見せ方が、ここに1つ形になりました。みなさんに自信を持って届けたい」(ELLY・26)

「これほど世界観を作りこんだ撮影は初めてですし、本当に武士になったような気持ちで挑みました。好きな武士は、中国の曹操です。『三国志』が好きなので」(今市隆二・27)

「髪形は雨に濡れたときに映えるようにエクステをつけて。『似合ってる』と言ってもらえたらうれしいです(笑)」(山下健二郎・28)

「メンバー全員が刀を用いた殺陣アクションに初挑戦。殺陣の練習は3日くらいやりました。すごく楽しかった」(NAOTO・30)

「実は、昨年から杉良太郎さんの『杉塾』に通って、殺陣を勉強していたんです。僕のキャラクターに合った見せ場になっていると思いますので期待してください」(NAOKI・29)

 アップテンポのダンスナンバーは、三代目JSBならではの桜ソング。七人七様の武者ぶりにときめいて!