「熱愛報道を知った全国の主婦から、悲鳴が上がっています。特に相手が26歳の若いコンパニオンだったことにショックを受けたようで、ネットでも『男ってみんなそう……』『2ショットを見るまで信じない!』などの内容が綴られています」(スポーツ紙記者)

43歳にして、ついに熱愛がスクープされた西島秀俊。お相手は自動車メーカーのギャラリーでコンパニオンを務める17歳年下の“小雪似”美女。すでに半同棲状態にあるといい、西島のマンションへ合鍵で入る様子も目撃されている。誕生日前日には、自宅でカレの帰りを待つなど仲睦まじい様子が報じられていた。また一部では結婚間近との情報も囁かれているが、結婚というゴールへの道は思った以上に遠いのかもしれない。

「西島さんは、これまでも熱愛を報じられたことはありました。しかし、いずれも噂の域を出ませんでした。理由は写真スクープがなかったこともあるでしょうが、それ以上に彼が“厳しすぎる結婚観”をたびたび口にしてきていたからです」(芸能関係者)

彼が語っていたことを総合すると、結婚するにはこんな7つの条件をクリアしなければならないという。
1、仕事のワガママは許すこと
2、映画鑑賞について行かない
3、目標を持ち一生懸命な女性
4、“いつも一緒”を求めない
5、女の心情の理解を求めない
6、メール返信がなくてもOK
7、1カ月半会話なしでも我慢すること……
 つまり、彼は仕事に対してきわめてストイック。そのため、面倒をかけない“自立した女性”でないと伴侶は務まらないのだろう。

「彼女は自動車メーカーの社員ではなく別会社から派遣されているそうですが、仕事熱心で社員からの評価も高い。その上、家でも西島さんのために徹底した食事管理をしているそうですね。相当な女子力の高さです。でも交際から2年も過ぎて『彼がストイックでたいへん』と漏らしているため、周囲も『いつまで厳しい要求に耐えられるかしら?』と心配しています」(交際女性を知る関係者)
 
 恋の行方に、女性ファンの熱い視線が集まっている。

関連タグ: