米大リーグ・ジャイアンツの青木宣親外野手(33)が26日、東京・新宿区の花園小学校で行われた『ふるさとアスリート課外授業in新宿』に出席。ナ・リーグのマーリンズと契約合意したイチロー外野手(41)に対し「イチローさんなら絶対やってくれると思う」とメッセージを送った。

 青木自身も昨年在籍したア・リーグのロイヤルズからFAでジャイアンツへ移籍し、2年ぶりのナ・リーグ入り。昨シーズンの直接対決は5試合のみだったが、同じリーグになったことで対戦の可能性が高まった。青木は「これで顔をあわせる機会もありますね。ナ・リーグ同士だと対戦もありますからね」と興奮気味に話し、「基本的にはレフトで1、2番と言われているので、そういう形で貢献できれば」と活躍を誓った。

 同イベントは吉本興業による『ふるさとアスリート プロジェクト』の一環で、この日は他に元メジャーリーガーの石井一久氏(41)らが参加。講演後の質疑応答ややしっぽ取りゲームを通して児童と交流した。青木は小学生へ向けて「できないこともやり続けることで必ずできるようになる」とエールを送った。

(撮影/桑原靖)

関連タグ: