image

 

23日、俳優でシンガーソングライターの星野源(35)が音楽番組『ミュージックステーション スーパーライブ2016』(テレビ朝日系)に出演し、20日に最終回を迎えたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の主題歌『恋』を生披露。星野は自身の楽曲に合わせ、キレキレの“恋ダンス”を見せた。

 

星野は“過労による体調不良”が原因で11月29日放送の音楽番組「ベストアーティスト2016」(日本テレビ系)出演を辞退していたため、『恋』の生披露はこの日が初。放送前から大きな話題を集めていた。

 

司会のタモリ(71)とのトークでは、ドラマのエンドロールで流れる“恋ダンス”の話題に。星野は、同じく今年のブレイク俳優のディーン・フジオカ(36)の名前を出し、「スタジオでお会いしたときに、『(恋ダンス)練習してるよ』と言われました」と嬉しそうに話した。

 

星野とディーンはミュージシャンや俳優業といった共通点だけでなく、同じ学年。星野はラジオ番組『星野 源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)でもディーンについて「仕事で一緒になった」「“こんなに楽しいことある?”というくらい話が盛り上がった」と明かしたばかり。ファンの間でも《何の仕事!?》《ミュージシャンとしてなのか、役者としてなのか気になる》と注目が高まっていた。

 

関連タグ: