image

 

お笑いタレントの渡辺直美(29)が29日、「第67回紅白歌合戦」のリハーサルに登場。

 

ピコ太郎とともに企画枠「紅白HALF TIME SHOW」に出演する彼女は、お決まりのビヨンセの楽曲でパフォーマンスを繰り広げ、会場を沸かせた。

 

リハーサル後のフォトセッションではビヨンセになりきってセクシーポーズを連発した。

 

現場にいたカメラマンは「渡辺さんのサービス精神はすごかったですよ。ポーズのとりかたもモデル顔負けです(笑)。現場は丸一日の撮影で疲れていたんですが、それも忘れて沢山シャッターをきりました!」と大絶賛。

 

腰をひねったり前かがみのポーズをとっているうちに、太ももがプルプルと震えだしたが、カメラマンたちから「いいですね~!」「お~!」という歓声があがるとポーズを変え続けた。通常より少し長いフォトセッションとなった。

 

その後の囲み取材では「リハーサルで緊張しすぎて本番どうなるのか……」と不安を口にしつつも、「1回(緊張のあまり)45キロまで落ちちゃったんですけど、頑張って丸いボディーを活かしながら踊りたいと思います」と初の紅白に気合十分。

 

連日取材が続くスタッフたちも、彼女の“出血大サービス”に疲れが吹っ飛んだ――。

関連タグ: