玉木宏(38)と木南晴夏(32)が結婚する。6月21日、双方の所属事務所が認めた。

 

2人は約8年前に知り合い、昨年4月放送のフジテレビ系スペシャルドラマ「女の勲章」の撮影を通じて交際へと発展。次第に結婚を意識するようになっていったという。

 

「『女の勲章』はこれまでも映像化されている作品。木南さんは61年の映画版で中村玉緒さん、76年のドラマ版で沢田雅美さんが演じたクセの強い役を演じました。しかし、2人と比べても劣らないほどの熱演ぶり。過去作品を知る年配の視聴者をうならせました。すでに名脇役のポジションを確立していますね」(テレビ局関係者)

 

木南は放送中のTBS系ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演。杉咲花(20)演じるヒロインのバイト仲間を演じている。

 

また近年は「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」、「海月姫」(フジテレビ系)、「せいせいするほど、愛してる」(TBS系)、「勇者ヨシヒコと導かれし七人」(テレビ東京系)などの話題作に出演してきた。

 

今後もオファーが途切れることはなさそうだが、そこに至るまでには女優としての大きな転機があったという。

 

「女優になりたてのころは主演を目指してオーディションを受けまくるも、回ってくるのは『主人公の友達役』ばかり。挫折しかけていたそうです。そんななか08年から三部作で公開された映画『20世紀少年』で、平愛梨さん演じたヒロインの友達役に抜擢。気乗りしないままの出演だったといいますが、そこで堤幸彦監督や原作者の浦沢直樹さんから『(原作キャラと)瓜二つ』と絶賛されたのです。そこで脇役の魅力に目覚めたそうです」(映画関係者)

 

結婚後は、さらに役の幅が広がりそうだ。