(イラスト:おおしまりえ)

「弾ける笑顔と、明るくまっすぐな性格」

 

それが、世間に最初に認知された剛力彩芽さんのイメージでした。

 

そんな彼女も気づいたら25歳。大人の女性になり、きれいになっていくなと思っていました。しかし初の熱愛はまさかまさかの“世界平和を願うオシャレおじさん”こと、ZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイ社長の前澤友作氏(42)。年齢差17歳の熱愛に、剛力ファンもびっくりしたことでしょう。

 

インスタグラムに交際を楽しむ写真が投稿されていたと思ったら、数日後には批判が原因でいったんすべて削除。炎上に対する反省文が投稿されました。かと思いきや、数日後にはまた新たに昼寝を楽しむオシャレおじさんの写真が!“ゴリゴリ”ではなく“ブレブレ”な彼女は、世間の注目を集めています。

 

本人も関係を公表したものの、まだまだ芸能人としてどう発信していくべきか模索しているのかもしれません。でも、ここまできたら「ゴリゴリ進むしかない!」と思いませんか。

 

■剛力ちゃんの交際がボコボコに言われてしまう理由はお金?

 

この交際宣言、どちらの希望でどうなされたのか。そこには様々な憶測が飛び交っています。ただこれにより、剛力彩芽という女優には「前澤社長の彼女」というイメージがベタリとついてしまいました。

 

明るくてひたむきな少女が、年長者に心を奪われてしまった。しかも一般人が太刀打ちできないくらい凄いおじさんに。そんな事実を、そりゃあよく思わない人たちもたくさんいるでしょう。

 

この恋がボコボコに叩かれるのは「元気印の若手女優×お金持ち社長」「極端な年齢差」「意外な組み合わせ」「許容できないほどの女優のラブラブアピール」などなど、世間の人がスルッと受け取れない事実が詰まっているから。だからこそ、混乱からくる批判の声が集まるのでしょう。

 

■交際宣言とはそれを活用するしか道を残さないこと

 

現在も主に男性の年長者を中心に、「剛力彩芽はどうするべきか」についていらん助言が日々垂れ流されています。しかし、私は思うのです。交際宣言をした以上、どんなに色がつこうとも全面に出していくしか道はないということを。

 

すでに交際宣言をしていて、SNSにも2ショットや彼の姿をアップしている。控えめにいってもラブラブで、ある意味痛々しいカップルであるのは十分伝わっています。だったらいっそ明るく真っ直ぐな性格そのままにラブラブアピールを好きなだけ行い、思いっきりこのネタで話題をかっさらってしまえばいいのです。

 

「でも、別れたらどうするの?」

 

「女優として使いにくくなるでしょう」

 

という声も湧き上がると思います。しかし別れたら別れたで、この話題は彼女を失恋キャラへと変えてくれます。またすでに世間で“前澤さんの彼女”として公認されている以上、今後彼女がどうふるまおうと「女優として使いにくい人である」と考える人は考えます。それならばもういっそ初の熱愛を存分に味わい尽くすしか、彼女の今後はないと思うのです。

 

剛力彩芽が本当に好きな真のファンにとって1番嫌なのは恋愛をすることでも痛々しくなることでもなく、お金によって推しの性格が変わってしまうこと。これから2人の関係がどうなろうとも、元気で純粋で明るい剛力彩芽がい続ける。そうすれば必ず、信じて応援してくれる人はいると思うのです。

 

人から注目を集める魅力的な人は、世間に媚びているようで世間を意識していません。剛力彩芽という女優がこの恋愛でどう化けるのか、楽しみと応援したい気持ちでいっぱいです。

 

(文・イラスト:おおしまりえ)