現在大ヒット中の映画『カメラを止めるな!(以下カメ止め)』の快進撃がまだまだ止まらない。9月1日~2日の映画動員ランキング(興行通信社調べ)では6位にランクイン。この成績は8月31日封切りの『SUNNY 強い気持ち・強い愛』を超える数字で、公開13週目にして勢いをますばかり。

 

そしてカメ止め旋風は映画界だけでなくテレビ界にも吹き荒れている。9月3日にはカメ止めでヒロインをつとめる女優・秋山ゆずき(25)が10月14日に放送される『科捜研の女スペシャル』(テレビ朝日系)に出演すると発表された。またそのほかにも、カメ止め出演者へのテレビ局のオファーが殺到しているのだ。現在発表されているだけでも以下の通り。

 

・8月13日、27日放送『痛快TV スカっとジャパン』(フジテレビ系)
・8月18日放送『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』(フジテレビ系)
・9月4日放送『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)
・9月7日放送『お笑いジャイアントキリング~しばり漫才王決定戦~』(MBS系)※
・9月9日、16日放送『白昼夢』(フジテレビ系)※出演者一同
※出演者へのインタビューは除く

 

テレビ界にも広がるカメ止めブームだが、そこには出演者のたしかな実力もあればこそだという。

 

「口コミにより大きく広がった『カメラを止めるな!』ですが、前提として作品そのものの面白さがあります。そして面白さを支えているのが、役者のたしかな演技です。しゅはまはるみさん(43)や濱津隆之さん(37)など、舞台からのたたき上げてきた人たちの演技が高く評価されています。もともと実力のある人たちなので、テレビでもまったく違和感がない。今後、ますますオファーが増えていくでしょう」(テレビ局関係者)

 

本作のヒットとともに、今後ますますテレビでカメ止め出演者の露出が激増しそうだ。