先日、都内で行われたフジテレビ系の主演ドラマ「僕らは奇跡でできている」の制作発表会見に出席した俳優の高橋一生(37)。そこで、ある“モテ伝説”が生まれていた。

 

各スポーツ紙によると、ヒロイン役の榮倉奈々(30)が「現場の女性スタッフさんがみなさん、高橋さんを見る目がハートになっています」と撮影現場での様子について暴露。それを受けた高橋は「本当ですか?ちょっと自信になります」と照れ笑いを浮かべたという。

 

「高橋さんはオンとオフの切り替えがハッキリしていて、撮影中には自分の世界に入り込んでいます。しかし撮影の合間には共演者のみならず、裏方とも気さくにトーク。女性スタッフが連れてきた子どもと遊ぶなど、“神対応”を見せることもあったそうです。そのため一度仕事をした女性共演者やスタッフはみな、『また一緒に仕事がしたい』と熱望するほど惚れこんでしまいます」(映画業界関係者)

 

そして制作発表会見の日はなんと、メディア関係者も目がハートだったというのだ。

 

「会見後、高橋さん単独でのメディアの囲み取材がありました。そこで記者の顔触れを見渡すと、なんと9割ほどが女性だったのです。ほとんど、高橋さんのファンのような状態。撮影で疲れているにもかかわらず1つ1つの質問へ真摯に答える高橋さんに、記者たちはすっかりときめいていました」(フジテレビ関係者)

 

3月には「FLASH」(光文社)で女優の森川葵(23)との熱愛が報じられた高橋だが……まだまだ高い女性人気をキープしているようだ。