滝沢カレンが舞台を手がける!新たな挑戦に3万いいね

滝沢カレン(26)が3月13日、舞台「ふんだりけったり」の脚本と演出を務めると発表した。同舞台は27日に、新宿・シアターモリエールで上演される。

 

滝沢は13日、Instagramを更新。「私が去年からマネージャーさんとしたいしたいと夢を熱く語り合った2人の去年から、今年みなさまのおかげで、本当に皆さまのおかげで、夢をまた一つ、叶えさせて頂けると思います」とつづった。

 

さらに同舞台について「私の第1作目の子供のようにいまは大切で愛しくて愛しくて、たまらないです。どうしたらいいですか?と質問にならない質問が溢れます」と心情を明かし、「なんの中途半端な気持ちもなく本気の詰まった舞台でして、そんなまだ何も知らないながら生意気な発言ですが、この舞台を一人でもの方に見て頂きたいです(原文ママ)」と呼びかけた。

 

滝沢の今回の発表には、なんと3万1,000回以上の「いいね」が!またネットでは期待の声が上がっている。

 

《カレンさん! おめでとうございます ゼロから全て手掛けたなんてすごいです!! 無事に舞台が大成功しますように》
《滝沢カレンが脚本も演出もする舞台とか無限の可能性感じ過ぎる》
《彼女にとっては“お金”や“評価”よりも自分の楽しいこと、やりたい事を形にしてる感じがして、こういうのサクッと出来ちゃう人は、やっぱいい》

 

また滝沢と公私ともに仲の良い横澤夏子(28)が出演するとあって、《横澤夏子のなまえが……この人はマストな訳ですね~》《夏子さんが踏んだり蹴ったりされないか心配しつつ 観てみたいな》 といった声も上がっている。

 

「滝沢さんはお母さんが通訳のお仕事をされているので、子供の頃から言葉に親しんできました。実は『テレビよりも本が好き!』というほどの読書家なんです。そのため近年、物語を綴る仕事もされています。今回は『滝沢カレン一座 第一回公演』と銘打たれていますし、第2弾も近いうちにあるかもしれません」(芸能関係者)

 

新たな挑戦が始まる!