科捜研の女・沢口靖子の本気度 モノマネ動画披露で熱烈PRも

女優の沢口靖子(53)が4月8日、テレビ朝系主演ドラマ「科捜研の女」(18日スタート)の制作発表会見に共演の内藤剛志(63)らとともに出席した。

 

京都府警の科捜研の法務研究員・榊マリコと仲間たちが専門技術を武器に、事件の真相を究明する人気シリーズ。放送開始から20周年となるが、初めて1年間放送される。

 

各スポーツ紙によると、沢口は「頂いた使命の大きさに心が躍りました。心してフルマラソンを走り抜きたい」と意気み十分。また会見には、榊マリコのものまね芸人として知られるメルヘン須長(32)がサプライズゲストとして登場したという。

 

「沢口さんとメルヘンさんは初対面だそうで、メルヘンは相当緊張したはず。しかし沢口さんが『声のちょっと高いところとか似てますね!』とフォローし、会場を盛り上げていました」(会見に出席した記者)

 

現在、番組PRのためにファンが運営する公式ツイッター<【公式】科捜研の女(をみる女)>が開設されている。沢口はそこでも驚くべき姿を見せていた。

 

「沢口さんは、初めてスマホでの自撮りに挑戦したそうです。公開されているのは、放送曜日の木曜日を英語『サーズデー』と発音するという、なかなかシュールなもの。会見ではネコやパンダの鳴き声をマネする動画も公開されていました。今までとは違う姿を披露する沢口さんに『本気度が伝わってくる』との声が上がっていました」(前出・記者)

 

そんな努力の甲斐もあり、ツイッターのフォロワーは1万人を突破している。ドラマの視聴率とともに、SNSでの盛り上がりも期待されそうだ。