高橋由美子復帰は成功する?激ヤセも捨てなかった再起の執念

不倫騒動が話題となり姿を見なくなっていた高橋由美子(45)が芸能界に復帰すると、週刊女性PRIMEが4月9日に報じた。

 

昨年4月に前事務所との契約が終了したためフリーランスとなっていたが、津川雅彦さん(享年78)が生前に代表を務めた「グランパパプロダクション」に所属すると決まったという。

 

高橋は昨年3月、妻子ある男性とのラブホテル不倫が週刊文春により報じられた。酔っ払いキャラとしてバラエティで再ブレイクしていたさなかでのスキャンダル。影響は大きく、その後は表舞台からすっかり姿を消していた。

 

前事務所との契約が終了した2日後、本誌は高橋の両親を取材していた。実は騒動後、高橋はかつて追放処分を受けた実家にひきこもっていたという。母は娘の“激ヤセ”について語っていた。

 

「かなり痩せてしまいました。元気もないしモノも食べられませんから、無理やり食べさせてはいるのですが。世間に迷惑をかけたわけですから、仕方ないのでしょうが……」

 

そんななかでも、芸能界への執念は失っていなかったようだ。父は本誌にこう語っている。

 

「今後の芸能活動ですか? いまは気持ちを整理するので精一杯じゃないですか。引退は考えていないようです。本人にそのことを聞いたら、『できればもう少し(芸能界で)やってみたい』と言っていました」

 

高橋は、9月から上演されるミュージカル「怪人と探偵」で復帰するという。そこでの活躍が、今後に大きく影響しそうだ。

 

「不倫をした女性芸能人の復帰は、特に難しいといわれています。イメージ回復のためにも、今回の舞台で結果を出すことが必須。大手事務所に所属したものの、早くも正念場を迎えているといえそうです」(芸能関係者)