SHOCK復活から一転中止…座長・堂本光一の決断に称賛集まる

3月20日、KinKi Kids・堂本光一(41)主演舞台「Endless SHOCK」の公演中止が発表された。再開予定から一転、全公演が中止となる。

 

「Endless SHOCK」は2月28日から新型コロナウイルス感染症の流行を受け、公演をストップ。その後は中止期間の延長を重ね、3月20日からの公演再開を発表していた。しかし3月19日の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の発表により、20日当日に公演中止を発表。千秋楽までの全公演中止が決定した。

 

公演中止を受け、光一は「Endless SHOCK」のインスタグラム公式アカウントでコメントを発表。自身の言葉で今回の経緯を説明した。

 

《今回の中止は自分の意向が強いです》とした上で、《自分の意見としてはSHOCKは全国から多くのお客様が集まります (略)そしてキャストだけでも50人 作品の特性として終始息を切らしながら地面も這いつくばり 演者同士近距離で発声し続けます フライングもお客様の近くに行く事になります》と他作品と比べて感染のリスクが高いことを指摘。

 

さらに《(前略)今はまず何よりも第一に考えなくてはならないのは(略)感染を広げてはならないという事です そして愛するファンの方や愛する共演者にリスクを負わせて舞台に立たせる事は今の状況で自分にはできません》と訴えた。

 

座長として責任を背負う光一の真摯な説明。この投稿に、SNSでは理解や賛同の声が上がっている。

 

《演出のこととか考えると光一くんの判断は正しいと思う》
《一生懸命考えてくれた光一くんの思いを尊重したい!冷静に判断してくれたことがありがたい…》
《光一さんも演者さんもつらいよね…しっかり説明してくれてありがとう》

 

座長自ら言葉を尽くした説明に、ファンの称賛が集まっている。

関連カテゴリー: