菊池桃子89歳義母が骨折…夫と同居前に始めていた介護奔走

NHK連続テレビ小説『エール』に出演中の菊池桃子(51)。彼女が経産省の経済産業政策局長の新原浩朗氏(60)との再婚を発表したのは昨年11月だった。ある芸能関係者は言う。

 

「再婚発表当時は、新原氏は東京都内のマンションに一人で生活していましたが、春ごろには新居で菊池との生活を始めるのではないかといわれていたのです」

 

だが実際には5カ月たっても、“別居婚”は続いていた。その理由の1つは、夫・新原氏が以前よりも多忙になっているためだという。ちなみに“首相動静”によれば、3月18日から26日の9日間で、新原氏は首相に7回も面会している。特に新型コロナ対策担当大臣も兼任する西村康稔経済再生担当大臣と行動を共にすることが多いようだ。

 

しかし菊池と新原氏の新婚生活を襲ったのは、コロナ禍だけではなかったのだ。

 

「実は最近、新原さんのお母さんが骨折してしまったんです。お母さんが89歳、お父さんが90歳というご高齢の夫婦だったので、私たちも心配していたのですが……」

 

そう語るのは新原氏の実家付近に住む主婦。実家は埼玉県県内にある一軒家で、仕事に忙殺される新原氏は一人息子。窮地に立たされた義理の両親のために、都内から車で1時間半ほどの道のりを駆け付けてきたのが菊池だった。前出の主婦が続ける。

 

「菊池さんはこの3月にも何度もお見えになっていました。家事をお手伝いしたり、病院へ行くお母さんの介添えをしていたり、すごく親身になっている様子がはたから見てもわかりました。荷物の整理なども大変だったと思いますが……」

 

新原氏の母の骨折を機に、実家はバリアフリー化されることになったという。

 

「大きなトラックが来て、家財道具を運び出していきました。ゴミも大量に出ていましたが、そうした荷物整理作業も菊池さんはお手伝いしていたんです。新原さんのご両親は、とりあえず同じ市内にある老人ホームに入所されたそうです」

 

本誌は新原氏に話を聞いた。

 

――実家のお母さまが骨折されたと伺いました。

 

「そうなんです。母が以前のように動けなくなってしまったので、家を改装するために、両親は一時避難の意味もあって老人ホームに入ってもらっています」

 

――菊池さんが介護もされているそうですが?

 

「彼女は結婚前から私の両親をいろいろ気遣ってくれていたんです。両親も彼女をとても頼りにしています。彼女も忙しいのに私の親の面倒まで見てくれて、本当に妻には感謝しています」

 

同居できないまま、義母の介護も始まってしまった菊池だが、夫の笑顔と感謝の言葉は、彼女の励みにもなっているのだろう。

 

「女性自身」2020年4月21日号 掲載

関連カテゴリー:
関連タグ: