『東京ラブストーリー』令和版は何が変わった?徹底検証
「東京ラブストーリー」(C)柴門ふみ/小学館 フジテレビジョン

おこもりライフに最高! 月9黄金期の原点というべき名作『東京ラブストーリー』がリニューアルして帰ってくる。『女性自身』読者には今も大切な記憶であろうこのドラマは、29年の歳月を経てどのように生まれ変わるのか? 懐かしのシーンを再現しながら検証しました!

 

■まずは基本情報を確認!

 

’91年に放送された前作は、柴門ふみの漫画をもとに坂元裕二が脚本を担当。若い女性の支持を受け、最高視聴率32.3%を記録。小田和正が歌う主題歌『ラブ・ストーリーは突然に』は売り上げ250万枚超の大ヒットとなった。

 

29年ぶりのリメーク版はネット配信。主題歌には19歳の現役大学生アーティストのVaundyが歌う『灯火』が決定した。

 

■キャストは旬の顔ぶれ! リカを演じるのは石橋凌と原田美枝子の娘

 

【永尾完治】織田裕二→伊藤健太郎

当時23歳の織田裕二が演じたカンチ役にはNHK連続テレビ小説『スカーレット』で人気急上昇の伊藤健太郎(22)。リカの視点で描いた前作と異なり令和版は完治視点で展開する。

 

【赤名リカ】鈴木保奈美→石橋静河

鈴木保奈美を一躍スターにしたリカを演じるのは、有名俳優を両親に持ち、ダンサーとしても活躍する石橋静河(25)。米国留学経験を持ち、令和版でりゅうちょうな英語を披露する。

 

【三上健一】江口洋介→清原翔

完治の親友でプレーボーイの医学生・三上役には清原翔(27)。朝ドラ『なつぞら』など話題作に出演する令和のイケメンがロングヘア時代の江口洋介のハマリ役に挑戦する。

 

【関口さとみ】有森也実→石井杏奈

完治から思いを寄せられる同級生のさとみを演じるのは、E-girlのパフォーマー・石井杏奈(21)。活発なイメージから一転、有森也実が強烈な印象を残した清楚系美女を演じる。

 

■「SEXしよ!」はどうなった? 有名シーンの変化に注目

 

【せーの! で振り返るシーン】「ずっちいなあ」

リカの提案に乗って「せーの!」の掛け声で同時に後ろを向くが、約束を守らないリカに“ずるい”がくだけてこのセリフ。最終話にもつながる名シーンだが、令和版で注目したいのは東京タワーの見える屋上のシーン。2人の大切な場所になりそう。

 

【リカがカンチたちの愛媛の学校を訪ねるシーン】「赤い糸はプッツリ切れたけど、約束はかなえたよ」

完治との別れを決意し突然姿を消すリカ。彼女の行方を追う完治は故郷・松山へと向かう。母校でリカを捜し回る完治は、柱に彫った自分の名前の隣に“赤名リカ”の文字を見つける。令和版では愛媛の夏祭りに一緒に行く約束をする2人。リカの願いはかなうのか……。

 

【リカが「SEXしよ!」と誘うシーン】「ラブじゃなくていい、ライクでいいからさ」

「嘘でもいいから好きだと言ってほしい」と頼むリカ。応える完治に、「しよう!」とストレートな言葉を投げかける。令和版の完治もリカの強引なアタックに翻弄されつつ、徐々に引かれていく。はたして今回のリカはこの衝撃のセリフを発するのか、こうご期待!

 

『東京ラブストーリー』は4月29日よりFOD、Amazon Prime Videoで配信開始。

 

「女性自身」2020年5月12・19日合併号 掲載

関連カテゴリー: