ナイナイ岡村「仕事漬けで馬鹿に」恩師に伝えていた反省の弁
「何を言っても”言い訳”にしか聞こえない」と反省の弁を…… 画像を見る

「炎上しているのを知って、すぐにメールをしました。『あれはあかん。違うんだ。謝罪したほうがいい』と。そうしたら『僕が間違っていました』『絶対に言ってはいけないことでした』『本当に悪いと思っています』など、彼から次々と反省の言葉が返ってきました……」   そう語るのは、吉本興業の新人養成スクール「吉本総合芸能学院(NSC)」で講師をつとめる本多正識氏...

【関連画像】

関連カテゴリー: