高学歴芸人 コロナ禍で存在感、学習オンライン化も追い風か
画像を見る

5月26日に『アメトーーク!ゴールデン3時間スペシャル』(テレビ朝日系)が放送された。番組では、名シーンのプレイバックとして過去の企画の傑作選が公開。その中で紹介された「勉強大好き芸人」の学習法が、再放送であるにもかかわらず大きな反響を呼んでいる。

 

まず注目されたのが、ロザン・宇治原史規(44)のノートの取り方。「(あえて)すぐにはノートを取らず、授業の理解に専念」や「気になる先生の発言をメモする」といった、京大芸人ならではの“質重視の学習法”に共感するコメントがネットに上がっていた。

 

《宇治原さんの勉強法わかりやすい!さっそく今のオンライン授業に取り入れてみる…》
《当時の宇治原が紹介したノートの取り方、真似したなぁ、、世界史と日本史はこれでかなり成績あがったんだよね…今の学生もぜひ取り入れてほしい!!》
《宇治原さんが説明してるノート論、本当に参考になるなぁ!! やっぱり京大出身だし、賢い人の解説って本当わかりやすいww》

 

また同企画に出演していたオリエンタルラジオ・中田敦彦(37)の「人生と勉強」について語る予備校講師的“熱弁”にも、大きな反響が。

 

《あっちゃんって本当に勉強たくさんしてきんだろうなぁ…説得力が半端ない!》
《アメトーークの勉強大好き芸人見てて、当時からオリラジ中田は予備校の講師になれるとか思ってたけど、今まさに『YouTube大学』の先生として大成功されるとは…》

 

こうした高学歴芸人たちが今、注目されている。背景にあるのはタレントのYouTube進出ブーム、そして新型コロナウイルスの感染拡大による学習のオンライン化だ。

 

次ページ >「子供が釘付けになっている」

関連カテゴリー: