東出昌大 謝罪会見に実母が同伴!【上半期ベストスクープ】
謝罪会見後、東出は実家に。 画像を見る

オリンピック延期、初の緊急事態宣言など、コロナ禍によってかつてない激動の日々となった2020年上半期。そんななか、芸能界でも数々の“事件”が起こっていた。本誌が目撃した驚きのスクープから特に反響の大きかったものを今一度お届けする。

 

上半期最も日本を騒がせた男といえば、東出昌大。唐田えりかとの不倫発覚でCM、仕事など数えきれないものを失った東出だが、騒動から2カ月後にして謝罪会見を敢行。しかし、歯切れの悪い回答を繰り返し、批判を浴びる結果に。そんな東出を優しく見守っていたのが、埼玉で暮らす実母だった――(以下、2020年4月7日号掲載記事)

 

スタッフ数人にガードされながらイベント会場の裏口からこっそりと現れたのは東出昌大(32)だ。そのまま乗り込んだ事務所車の運転席には60代とおぼしき女性が。

 

そして東出を乗せた車が向かったのは意外な場所だった――。

 

1月下旬に唐田えりか(22)との不倫が発覚してから沈黙を貫いていた東出がついに口を開いた。3月17日、自身がナレーターを務める映画のイベントに出演した東出。騒動後初の表舞台への登場となり、イベント後には釈明会見も開催された。

 

会見は約1時間におよび、唐田と破局した話や杏との今後についてなどが語られた。そして、最後に東出は「妻と小さな子どもたちのことは静かに見守ってあげてください」と言い残し会場を去っていった。

 

冒頭で本誌が目撃した東出を乗せた車が向かった先は、なんと埼玉県にある彼の実家。そして、実家に到着した車の運転席から降りてきたのは東出の実母だった。東出は会見現場に母を同伴し、車の運転まで頼んでいたのだ!

 

降車した東出に本誌記者が声をかけるも、神妙な面持ちで「本当にすみません」とだけ答えて実家へと消えていった――。

 

次ページ >活動に熱心な両親は生コン工場の反対運動にも

関連カテゴリー: