三船美佳が第2子妊娠を発表 再婚で変わった母娘の関係
近所でも“堅実妻”として知られているという。

《ただいま私 お腹がポンポコリンになっております》

 

こうInstagramに投稿したのは三船美佳(37)だ。7月11日、彼女は第2子を授かったと報告。妊娠8ヵ月だとも明かし、《主人と共に高1になる上の子も出産を楽しみにしてくれてます》《いつもお腹を触ってくれるのか゛とても嬉しい》とその喜びをつづった。

 

98年9月、16歳という若さで高橋ジョージ(61)と結婚した三船。04年11月には第1子となる長女を出産した。11年には理想の有名人夫婦を選ぶ「パートナー・オブ・ザ・イヤー」にも選出されたが13年12月、高橋の元から長女とともに“逃亡”。2人は大阪へと移住した。

 

「15年1月に夫婦の亀裂が発覚し、同年3月には離婚裁判が勃発。原因は高橋さんのモラハラとも報じられました。裁判は泥沼化しましたが、16年3月に離婚が成立。長女の親権は、三船さんが持つことになりました」(芸能関係者)

 

離婚から約3年後となる昨年4月、三船は現在の夫である美容師のTさんと再婚した。同年11月の「婦人公論」で彼女は、長女の「ああいう人がパパだといいな」という言葉に背中を押されたと語っている。

 

「娘さんが高橋さんに『会いたくない』と言っていたと報じられたこともあります。それは思春期のさなか、離婚騒動をそばで見てきたということも影響しているようです。ですが彼女は温厚なTさんの優しさには心を許し、すぐに打ち解けたといいます。娘さんは三船さんの再婚願望を見抜いていたこともあり、Tさんと交際することにも協力的でした。そうして頼もしい娘さんは、三船さんにとって一番の理解者となったそうです」(前出・芸能関係者)

 

本誌は昨年6月、三船とTさんの初となる夫婦ショットを報じている。美容室へと出勤するTさんを送り出すためマンションから出てきた三船。Tさんと並んで歩く彼女には、明るい笑みが浮かんでいた。

 

そんな彼女の住むマンションは、大阪市内とはいえ古い戸建てやアパートが立ち並ぶ庶民的なエリアにある。高橋との結婚当時は大豪邸に、そして移住したばかりの頃も超高級マンションで暮らしていたが――。再婚によって変化したのは、長女との関係だけではないようだ。

 

「現在のお家は新築ですが、ファミリータイプの3LDKで家賃は月15万円ほどと聞きました。三船さんが大衆的なスーパーで買い物をしたり、近所をジョギングする姿もたびたび見かけます。芸能人だし、高級なジムでも行ってるのかなと思っていたので驚きました。でもそれは、Tさんの影響かもしれません。彼の美容室は地域密着型。カリスマ美容師のようなタイプではなく、笑顔を大切にしている堅実な方なんです。彼と接することで、三船さんの価値観も変わってきたようです」(近所の住民)

 

長女とTさんに囲まれ、順風満帆な結婚生活を送る三船。新たな命を授かり、家族の絆はますます深まりそうだ。

関連カテゴリー:
関連タグ: