嵐 休止後も冠番組は継続!ただし4人揃っての出演ない理由
画像を見る

活動休止以降の各メンバーの動向が注目される嵐。リーダーの大野が休養を決めるなか、残る4人は冠番組の継続を決断した。その陰には再会まで嵐を守り抜くと決めた4人の覚悟が――。

 

「7月29日に発売された新曲『カイト』が初週だけで91.1万枚を記録。初週売り上げとしては嵐史上最高の数字です。

 

表題曲の『カイト』は米津玄師さんが作詞・作曲を務め、昨年の『紅白歌合戦』で初披露されました。またカップリング曲の『Journey to Harmony』は昨年11月に行われた『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』で披露された楽曲で、日本中の人々が音源化を待ち望んでいました。

 

配信全盛期でCDショップに赴く人も減っているなか、この売り上げは異次元というほかありません」(音楽関係者)

 

刻一刻と活動休止へのタイムリミットが近づくなか、ファンを増やし続けている嵐。コロナ禍で大幅に活動が制限されながらも、5人は“今できること”に全力で取り組んでいる。

 

「延期になっていた国立競技場でのライブ『アラフェス』をデビュー月でもある11月に開催できないか調整が進んでいますが、コロナによってまだ見通しは立っていません。しかしファンにライブを披露できる残り少ない機会だけに『無観客にして配信だけでもやる!』と意気込んでいるそうです」(前出・音楽関係者)

 

さらに、嵐は偉業も達成していた。昨年6月に発売し、330万枚を売り上げたベストアルバム『5×20 All the BEST!! 1999-2019』が、’19年に世界で最も売れたアルバムとしてギネス世界記録に認定されたのだ。

 

「これは世界的に活躍するテイラー・スウィフト(30)やBTSを上回る大記録で、アルバム売り上げで世界1位になるのは日本の歌手で初。名実ともに“世界一のアイドル”です」(音楽ライター)

 

ラストイヤーを全速力で駆け抜ける嵐だが、ファンを悩ませているのが休止以降の予定だ。

 

活動休止のきっかけとなったリーダー・大野智(39)はすでに来年以降の芸能活動休止を明言。しかし残されたメンバーは芸能活動を続けるものの、予定は白紙状態。そんななか、本誌は驚きの情報をキャッチした。

 

あるテレビ局関係者は言う。

 

次ページ >2つの冠番組継続にあった4人の“大野への愛”

関連カテゴリー: