NHK紅白 異例の嵐シフトへ…持ち時間歴代最長、5人で司会嘆願
画像を見る

「活動休止まであと4カ月ですが、テレビ各局では嵐の年末特番を懸けて調整が水面下で行われています」(テレビ局関係者)

 

年内でグループとしての活動休止を発表している嵐。テレビで彼らの雄姿を見られる日も残り少なくなるなか、各局では嵐をめぐる争奪戦が勃発している。まずは、冠番組を抱えるフジテレビと日本テレビが一歩リード。

 

「日テレは12月中旬~下旬に『嵐にしやがれ』の4時間特番を準備しているそうです。過去の名場面や未公開VTRなどを放送予定です。事前収録の予定ですが、番組の最後だけ生出演で嵐メドレーを披露してもらう案も出ています。

 

またフジの『VS嵐』特番が放送日程的に民放で嵐が最後に出演する番組になる予定です。それだけに『嵐にしやがれ』を上回る過去最大の放送時間を予定しており、生放送でこれまでの思い出などを語ってもらうようです。さらに“5人の心に残るもの”という企画を計画しており、お台場に花火を打ち上げる構想もあるそうです」(前出・テレビ局関係者)

 

いっぽう、涙をのんだのが『輝く!日本レコード大賞』への出演オファーをかけていたTBS。

 

「活動休止に入る嵐に特別賞を授与する形などで早くから出演を打診していたそうですが、裏番組のリハーサルとかぶる関係でかないそうにありません……」(TBS関係者)

 

その“裏番組”とは、大みそかの国民的番組『NHK紅白歌合戦』。’09年から出演し続けた嵐にNHKは異例の“嵐シフト”を敷くようだ。

 

次ページ >NHKが用意した歴代最長クラスの驚愕の持ち時間

関連カテゴリー: