三浦春馬さん漏らした表現者の苦悩「知らない世界に行きたい」
画像を見る

《「お別れの会」に関しては、応援してくださった皆さまの沢山の愛で溢れる場にできるよう、2020年内の実施を予定しております》

 

9月4日、夭折した三浦春馬さん(享年30)の四十九日に、所属事務所は公式サイトで「お別れの会」について、《新型コロナウイルス感染の拡大状況を見ながら、実施の日程や方法を検討》していると発表した。ファンに向け、“情報に誤りがないよう、事実関係を把握し整理することに努めた”と記し、亡くなった7月18日の経緯について改めてこう説明した。

 

《午後から予定されていた仕事に向かうため、約束の時間に担当マネージャーが自宅へ迎えに行きましたが、メール・電話等に返事がなかったので、部屋へ向かいました。インターフォンを鳴らしましたが応答がなかったため、管理会社の方に連絡し、部屋の鍵を開けていただき入室したところ、すでに意識のない状態でした。応急手当をするとともに、すぐに警察と救急に連絡を入れ、病院に搬送されましたが、懸命な救命処置も及ばず、14時10分に永眠いたしました》

 

警察による現場検証の結果、事件性は確認されず、自死であるという報告を受けたという。

 

「所属事務所は年内にも併せて『三浦春馬基金(仮称)』を設立し、今後、三浦さんに関する利益はすべてそこに寄付していくことも発表しました。彼がライフワークとしていた、HIVと闘うラオスの小児病院などに支援を続けるとのことです」(全国紙記者)

 

三浦さんが亡くなる前日まで撮影にのぞんでいたドラマが『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)だった。

 

「主演は松岡茉優さん(25)で、お金の使い方にこだわる主人公・九鬼玲子が、三浦さん演じる浪費癖のある同僚・猿渡慶太と繰り広げるラブコメディです。一時は“お蔵入り”とも伝えられましたが、9月15日から全4回で放送されることが決まっています」(テレビ誌記者)

 

次ページ >看板枠で悩む松岡に、優しくアドバイス

関連カテゴリー: