“家事しない妻”観月ありさ コロナでついに手料理目覚める
画像を見る

「連続ドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)は、9月30日に最終回をむかえます。このドラマで観月ありさ(43)は、嫁をいびる老舗和菓子店の女将役を怪演して話題を呼びました」

 

そう語るのはテレビ局関係者。

 

連続ドラマ出演歴30年以上となる観月だが、今回は初の悪役に挑戦。キャスト発表時には、こんなコメントを発表していた。

 

《毎回、視聴者の皆さまに『わぁ出た!』『また凄いことしてる!』と、今日子を見るのが楽しみになっていただけるよう、パワー全開で演じていきたいと思っています!》

 

女優として新境地を開いた観月だが、実はプライベートでも大きな変化があったという。

 

彼女と長年の交流のあるファッション関係者はこう語る。

 

「観月さんもコロナ禍で外食やパーティなども控えなければならず、少し心配していたのです。でも彼女は意外に元気で、『自炊をするようになったの』という言葉に驚かされました」

 

実は観月は芸能関係者の間では“料理ができない女優”として有名だったのだ。

 

「’10年に彼女はNHKドラマ『天使のわけまえ』で主演しています。料理を通じて自信や人との絆を取り戻していく女性の物語で、主人公は“料理上手”という設定です。公開収録では豆腐の味噌汁作りのシーンに臨みましたが、手つきはぎこちなく、本人も『ふだんはあまり料理をしないので』と、苦笑いしていました」(前出・テレビ局関係者)

 

公開収録で、「おいしい料理を作れたら旦那さんは家に帰ってくるんだろうな。私も料理に挑戦しようかな」と、“嫁入り修業宣言”をした彼女だったが、女優業が多忙だったこともあり、現実には料理から縁遠いままだった。

 

’15年3月に建設関連会社の代表取締役・A氏(48)と結婚し、花嫁となった観月。

 

「しかし、結婚翌年の’16年に出演した『ダウンタウンなう 本音でハシゴ酒2時間スペシャル』(フジテレビ系)で、結婚してからもまったく家事をしていないことを明かし、浜田雅功(57)と松本人志(57)らをあきれさせたのです。

 

食事はほぼ外食ですませており、朝食に関しても『なんにも(作らない)。だって現場に行ったら何かあるし、旦那さんは会社に朝ごはんがあるし』と。さらに洗濯は夫・A氏の担当で、掃除は週に1回くる業者に任せていると語っていました」(前出・テレビ局関係者)

 

嫁入り修業宣言から6年後のまさかの“家事NO宣言”……。だが観月の妻としての貢献度は高かったという。2年前、A氏の知人は本誌にこう語っていた。

 

「A氏の会社の業績拡大の一因には観月さんの存在もあります。A氏は頻繁にゴルフコンペやパーティを開催しており、観月さんも積極的にホステス役を務めているのです。観月さんの夫の会社として知名度も上がりましたし、その営業効果は計りしれません」

 

次ページ >観月が手料理に目覚めた理由

関連カテゴリー: